「営業士検定」は、わが国唯一の当協会の検定制度です。日本営業士会が,認定者に合格証を付与するものです。


日本営業士会




営業士初級




営業士上級

 



営業士マスター級

 





TOP  メールマガジン  セミナー  研究会  交流会  プレス  MM研究会 会員専用ページ 

 日本営業士会を運営する一般社団法人日本販路コーディネータ協会では、「営業士」の検定試験を提供しています。「営業士」は、経済産業省認可の『セールスレップ・販路コーディネータ協同組合』と連携する当協会の資格認定制度です。
 企業は『人材』が最大の財産であり、人材教育を最重点課題として、各種の業務においての業種は多業種に渡ります。このような観点から、日本営業士会では、当協会が開発した文部科学省「専修学校教育重点支援プラン」のカリキュラムを採用しています。また、これまで「厚生労働省所管の財団法人雇用開発センター、ハローワーク、専門学校、公的支援機関」などとの「営業カ向上プログラム」を開発した実績に支えられたカリキュラムを提供しています。
日本営業士会からの重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた取り組みについて
事務所の受付対応時間を短縮するなどの取り組みを行っています。詳しくは上記よりご確認ください。

新着情報

※誠に勝手ながら当協会は12月26日(土)~1月11日(月・祝)まで年末年始休業とさせていただきます。1月12日(火)からは、通常業務となります。

受験された方へ:合否通知について

翌月末までに、合否結果のみ、メールで通知いたします。その後、合格された方には書類(初めて受験された方には合格証とご登録用書類)を郵送させていただきます。

・2021年1月23日(土)(第20回)JMCグループオンライン全国大会・エデュテイメントコーナー参加受付開始

・2021年1月24日(日)2021年度 ミドル認定講師講習会

(第123回MM研究会)マネジメントマーケティングの基本
マネジメントマーケティングコーディネーターへの道~「MMワンシート企画書」の実践~

新型コロナウイルス感染拡大防止による、受付対応時間変更のお知らせ

一斉試験は、新型コロナウィルス対策のため、ご自宅でのオンライン受験となります。研修につきましても、ご自宅でeラーニングによる受講・小試験の受験となります。

(第123回MM研究会)事例から学ぶ「商品開発」2020年3月13日(金)は本年秋以降に変更となりました

MMPリーダー研修 2020年4月17日(金)は延期となりました。日程は決まり次第お知らせします。

日本経済新聞朝刊の「交遊抄」に協会会長の小塩稲之のコラムが掲載されました。(2019/04/25)

フジサンケイビジネスアイに「営業職新入社員向け研修」記事が掲載されました。

◆日本営業士会のパンフレットがダウンロードできるようになりました。
 

・「MMP総合研究所からのお知らせ
・株式会社電通、ニフティ株式会社と売れるもの作り支援事業で連携しました。
・法人向け商品プランナー研修が新聞で紹介されました。
・リクルート雑誌「稼げる資格」にセールスレップ資格が紹介されました
・BMAがマネジメントマーケティングコーディネーターに名称変更し、カリキュラム内容とも一新されました。
・連載(小塩稲之):マネジメントマーケティングを紹介する記事が日本ビジネスプレスで掲載されました。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39057(第6回目)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39226(第7回目)
 サイト内の小塩稲之プロフィールから全文閲覧できます。
・リクルート「稼げる資格」に「営業士」が紹介されました。
・最上級ライセンス「マネジメントマーケティングコーディネーター」カリキュラムが更新されました。

■営業士資格プログラム

日本営業士会は、「営業士初級」、「営業士上級」、「営業士マスター」の資格者を認定しています。営業士は、営業士試験に合格すると日本営業士会の「営業士」として認定されます。 初級は基本的な営業業務、上級は営業管理業務や営業指導を含むレベル、マスターではマネジメント・マーケティングに関する高度な専門知識が出題されます。試験は、初級からの受験になります。

 「営業士検定」は、経済産業省認可のセールスレップ・販路コーディネータ協同組合が後援する、わが国唯一の一般社団法人日本販路コーディネータ協会が運営する日本営業士会の検定制度です。2001年より活動を開始し、これまで資格認定機関としての実績と信頼から培った当協会の認定する検定試験は通信講座や、資格試験により、認定を行うものです。


●営業人材育成カリキュラムには、基礎、応用、実践までの「営業士初級-上級-マスター級用教材」があります。
 本カリキュラムは、経済産業省の人材育成方針と、文部科学省「専修学校教育重点支援プラン」に合わせた営業人材育成のための教育研修として特別に編成されたカリキュラムの教材、試験で構成されています。市場の視点で商品、販売、販売促進、技術を理解し、営業に必要なマーケティング知識や営業技術、商品開発やプレゼンテーション、マスター級ではコンサルティングまでの知識とスキルを重要視しています (※営業士は、営業士の呼称及び、当協会のロゴマークを使用できます)。

■営業士資格 2021年上期一斉試験

■営業士初級 資格認定試験

試験日2021年6月13日(日)
受付締切日2021年5月30日(日)
会場オンライン受験のみ
実施要項とお申込み

■営業士上級 資格認定試験

試験日2021年6月13日(日)
受付締切日2021年5月30日(日)
会場オンライン受験のみ
実施要項とお申込み

■営業士マスター級 資格認定試験

試験日2021年6月13日(日)
受付締切日2021年5月30日(日)
会場オンライン受験のみ
実施要項とお申込み

■営業士初級通信講座

~通信講座と一斉試験で資格を取得する~
初級通信講座プログラムは、資格認定研修視聴講座を自宅学習できる通信講座です。
試験会場
日程
実施要綱
全国

随時

〔お問い合わせ先〕
アクセス
お問い合わせフォーム


本営業士カリキュラムは、大手、中小企業を問わず、長年親しまれてきた研修・試験制度です。
その特徴は、短期間に営業人材のスキルアップを目指される企業や、職業訓練校、専門学校等に採用されています。


新刊情報




学校認定校制度



営業士初級認定
当協会認定の教育課程を履修し単位修得した者に、学校の申請に基づき資格認定証を授与


営業士資格の情報

 「営業士検定」は、わが国唯一の当協会の検定制度です。10年以上の資格認定機関としての実績と信頼から培った当協会の認定する検定試験は、当協会の検定試験により、認定を行うものです。 なお、別途、研修のコースがあります。研修により理解を深められたい方、学習時間が限られている方などのために設定されています。認定研修プログラムは、研修と研修後の試験により認定を行います(全国試験は免除されます)。研修は席数に限りがあります。試験での受験は、受験申込専用フォームからお申込みください(※営業士は、営業士の呼称及び、当協会のロゴマークを使用できます)。

各級のレベル「営業士」の試験は、合格すると「営業士」として認定されます。級種は初級~マスター。初級は基本的な営業業務、上級は営業管理業務や営業指導を含むレベル、ではマネジメント・マーケティングに関する高度な専門知識が出題されます。


資格の活用と支援
当協会は、セミナー、講演会、勉強会などの研修  営業力強化、販売力強化、展示会活用力強化、マーケティング力強化、販売戦略立案、商品開発力強化など、中小企業様の「売れるものづくり仕組みづくり」実現のためのセミナー、講演会、また勉強会のため、当協会の認定講師を派遣し、実践に基づく実務的な内容として評価いただいております。
詳しくはこちらから>>

メルマガ・プレス
無料メールマガジン登録
ニュース/プレス新着情報